2010年02月06日

<舛添要一氏>「首相」宣言 新党結成は否定(毎日新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相が、古典や歴史を引き合いに首相の資質を論じる「内閣総理大臣」(角川書店)を10日に出版する。02年の著書にその後の政治情勢や閣僚経験を加えた増補版で、「時期が来たら私自身がリーダーシップを取ることを拒否はしない。首相に必要な能力を持つよう努力している」と宣言。新党結成の可能性については「(自民党)内部で喧嘩しながらやっていくつもりだ」と否定している。

 首相に必要な資質として「国民の琴線に触れる言葉、ビジョンを政策として提示する能力」を挙げ、鳩山由紀夫首相については「圧倒的に欠けているのがビジョンの提示力」と切り捨てた。小泉純一郎元首相は「国民に夢と希望を与えられなかった」。安倍晋三、福田康夫、麻生太郎の3首相も「哲学の素養は欠落していた」となで切りにした。

 党の「新生」を唱え「幹部に危機感がない。歴史的使命は終わった」と危機感を強調しているが、自分を棚に上げるかのような批判的な言動には「注目を集めたいだけ」との批判も党内には根強い。【田中成之】

【関連ニュース】
舛添前厚労相:政界再編に意欲 「自ら仕掛け」に含み
舛添前厚労相:小沢氏資金問題、通常国会で追及
気になる2人:/4 舛添要一前厚労相/河野太郎元副法相
特集ワイド:愚問ですが 自民党、やっぱりダメですか 舛添要一前厚労相に聞く

詐取の470万でローン返済か 木嶋容疑者(産経新聞)
給食費未納者の子ども手当減額、首相「検討してみたいな」(産経新聞)
首相動静(2月4日)(時事通信)
沖縄に広大な土地購入 小沢幹事長の目的は謎(J-CASTニュース)
<東海道新幹線>架線切れ3時間半不通…15万人に影響(毎日新聞)
posted by ハシヅメ トメキチ at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。